「ヴォコレクト ヴォイス 日本ユーザー会」第二回総会を開催

ユーザー主体の運営で日本における音声ソリューションの成果を報告
各分科会からヴォコレクトに対して実り多い提案が多数寄せられる

東京-2014年2月12日-音声物流ソリューションを提供するヴォコレクトジャパン株式会社 (東京都港区、代表取締役社長 内田雅彦、現ハネウェル スキャンニング アンド モビリティ[Honeywell Scanning and Mobility、NYSE:HON])は、2月7日(金)にWTCコンファレンスセンター(港区浜松町)において、昨年発足した「ヴォコレクト ヴォイス 日本ユーザー会(VVUG-J*)」が第二回総会を開催したことをお知らせします。総会にはユーザー会メンバー35社、46名の方々が出席されました。
*Vocollect Voice User Group Japanの略

「ヴォコレクト ヴォイス 日本ユーザー会」は国内において当社の音声物流ソリューション「Vocollect Voice®」を導入している 85施設のユーザーとその構築を担当したパートナーが、相互の経験や知見の情報交換と利用技術の研究等を行い 音声物流のより高度な活用を推進する組織です。なお、本ユーザー会は、ベンダーであるヴォコレクト社とは一定の独立性を保って、ユーザー主体で運営を行っています。

【総会の実施概要】 このたびの総会では、昨年2月の発足以来の活動や昨年10月に開催されたユーザーイベント「ヴォコレクト・ヴォイス・ワールド2013」の振り返り、米国ヴォコレクトの上級副社長で共同創始者のラリー・スイニーによる日本おける音声活用の展望や、各分科会による事例研究や成果発表などの活動報告、そしてユニークな人材活用で業績を拡張しているアイエスエフネットグループの渡邉幸義代表による「大義ある人材の活用」と題した基調講演などが行われました。

国内ユーザーからヴォコレクト本社に対する意義のある提言が取り上げられるなど、ユーザー、ベンダーともに実り多い総会となりました。そして総会終了後には懇親会が開催されヴォコレクト ヴォイスの更なる発展を目指す親睦の和が拡がりました。

「ヴォコレクト ヴォイス 日本ユーザー会(VVUG-J)第二回総会」の様子

ヴォコレクトについて 
ヴォコレクトジャパン株式会社は、音声物流ソリューションのパイオニアとして知られるVocollect(現ハネウェル スキャンニング アンド モビリティ[Honeywell Scanning and Mobility、NYSE:HON])の日本法人として、2006 年に設立されました。Vocollect は、音声物流ソリューションを提供する業界ナンバーワン企業であり、音声技術を通じてお客様のビジネス改善を支援しています。業界屈指の最新テクノロジーに基づく製品とサービスによって、業務効率を高め、様々な成果を収めることが可能となります。 現在では、1,700 名以上の音声技術の専門家を擁するグローバルチームが一丸となり、世界4,000 社以上の顧客企業のおよそ100 万人もの作業者に活用いただくまでに成長しました。 Vocollect Voice は、主要なWMS やERP システムと統合でき、音声を中心とする包括的なビジネス改革ソリューションを提案できる企業へと飛躍しています。詳しくは www.vocollect.jp をご覧ください。Vocollect®, Vocollect Voice®は、Honeywell International Inc.の商標または登録商標です。

© Copyright Honeywell 2014.

All Rights Reserved.

Vocollect更新

チャンネル登録のRSS